メンターの役割は、知識、専門性、経験などを共有し、対象者を個人的にも、職務上でも成長できるように励ますことです。メンター関係は、相互の信頼、尊敬、コミュニケーションによって築かれるものであり、双方が定期的に会って、意見を交わし、進捗を話しあい、さらなる成長のためのゴールを設定することになります。

以下に、社内でビジネスメンターを設けた場合の主なメリットを挙げます

メンター対象者のメリット

メンター制度は、社員に提供できる非常に価値が高く、効果的な成長の機会となります。信頼できる経験豊富なメンターからガイダンス、励まし、支援を受けることで、メンター対象者は個人的、職務上に幅広いメリットがあり、ひいては職場での業績が向上することに繋がります。

ビジネスメンター制度が、メンター対象者にもたらす主なメリットには以下が挙げられます。

  • 新しいアイデアや考え方に触れる
  • 強みを伸ばし、弱みを克服するためのアドバイス
  • 職務上の成長と向上に関するガイダンス
  • 新しいスキルと知識を伸ばす機会
  • 社内における知名度、認知度の向上

メンターにとってのメリット

メンターをするということは、単にアドバイスや知識、見識を伝えるということではありません。他のプロを育てるために時間を投資する意志のあるメンターは、その関係から逆にメリットを受けます。スキルや経験を意欲ある学習者と分かち合うことによる個人的な満足感だけでなく、メンター制度に関わることにより、メンターに職務的に報いる確かなメリットがあります。

  • 対象についての専門家・リーダーとしての評価
  • 新鮮な視点、アイデア、アプローチに触れる
  • 職務成長記録の追加
  • らの目標や慣行に反映する機会
  • 個人的なリーダーシップやコーチングスタイルの成長

企業にっとてのメリット

ビジネスメンター制度に投資することは、雇用者にとって新しい人材の才能を伸ばし、最も知識と経験を蓄えた人材が積極参加し、やる気になる有益で費用対効果の高い方法です。メンター制度は、重要なビジネス知識やスキルを伝えるだけではなく、社内で成功するために必要なスキルや姿勢を理解した将来のリーダーのパイプラインを構築する役にも立ちます。

企業にとって、メンター制度への投資は以下のような役に立ちます。

  • 個人的・職務上の成長の文化を築く
  • 望ましい企業としての行動や姿勢を共有する
  • 管理職のリーダーシップやコーチングスキルを向上させる
  • スタッフの士気、業績、モチベーションを向上させる
  • 成績優秀者を積極参加させ、保持し、成長させる
転職活動中の方は、こちらから

お問い合わせ

お問い合わせ

採用ご担当者様は、以下をご記入ください。