社会のグローバル化や働き方改革が進んだことで、企業経営の新しい観点として、「ダイバーシティマネジメント」が注目されています。ダイバーシティ性を見て企業を選ぶ人も増えてきており、優秀な人材を確保するためにダイバーシティマネジメントに力を入れる企業も増えています。そこで今回はダイバーシティマネジメントの概要や、メリットとデメリットについて解説します。
 

1.ダイバーシティマネジメントの概要

ダイバーシティマネジメントではどんな取り組みを実施するのでしょうか。まずはダイバーシティマネジメントの内容や、どうしてダイバーシティマネジメントが必要とされているのかなどについて解説します。

1-1.ダイバーシティマネジメントとは

ダイバーシティは「多様性」、マネジメントは「経営」という意味です。そしてダイバーシティマネジメントは多様性を生かした企業経営という意味になります。具体的には年齢・性別、人種・国籍・宗教・障害など様々なバックグラウンドを持つ人材が、お互いのバックグラウンドを認めて働ける環境を整え、組織内の繋がりの強化や、それぞれの特性を生かした働き方の確立を目標とした取り組みを実施するのがダイバーシティマネジメントです。

1-2.ダイバーシティマネジメントの必要性

ダイバーシティマネジメントを企業戦略として必要と捉えている経営者は多いです。日本社会は様々な問題を抱えています。まず少子高齢化による働き手の減少です。加えて優秀な人材は日本よりも賃金の高い海外に流出する傾向も出始めています。そのため、大手企業でさえ人材の確保に苦戦している状況です。また、日本政府は働き方改革を推進しており、できるだけ残業をしない、有給休暇を希望通りに取得するなど、労働者の働き方に対する意識が変わってきています。ただお金を稼ぐのではなく、ワークライフバランスを意識した働き方を実現するためにもダイバーシティマネジメントは欠かせません。

社会のグローバル化により外国人労働者も増えています。しかし、外国との文化の違いが原因で外国人労働者が職場で孤立してしまうケースも少なくありません。そこで外国人労働者も日本人労働者もお互いを理解して気持ちよく働くにはダイバーシティマネジメントが急務となっています。このように時代の変化に伴い、ダイバーシティマネジメントは労働者・消費者が望む働き方を実現するためにニーズが高まっています。
 

2.ダイバーシティマネジメント導入のメリット

ダイバーシティマネジメントを取り入れることでどんなメリットがあるのでしょうか。企業側から見たダイバーシティマネジメントを実施するメリットを紹介します。

2-1.多様な人材の確保・定着

ダイバーシティマネジメントを取り入れて受け入れられる人の幅を広げることで、人材不足の解消や組織力の強化が期待できます。結婚や出産、介護など家庭の事情でフルタイムで働くのが難しくなり、離職してしまう人は少なくありません。そこで時短勤務やリモートワークなどが可能になれば従来なら離職していた人でも働けます。また、平成に入ってからは社会人の発達障害も注目されています。発達障害と言っても症状はそれぞれです。一人ひとりの苦手なことを把握し、得意なことを活かせる環境を整えることで発達障害を持つ人も働けます。

そして、外国人も言葉やコミュニケーションの面でフォローができる人材を入れるなどすれば、不慣れな環境でも自国と同じようにスキルを発揮できます。あらゆるバックグラウンドを持つ人を雇用し、それぞれの事情に配慮したダイバーシティマネジメントを実施することで、これまでミスマッチだった人材も企業に応募できるようになり、人材に多様性をもたせられるようになるでしょう。

関連記事:ユニバーサルデザインで働きやすい職場へ!7原則と導入例

2-2.イノベーションの期待

ダイバーシティマネジメントによって、これまでにはなかった企業イノベーションも期待できます。様々なバックグラウンドの人は、それぞれの価値観や個性も当然違ってきます。その人々が企業に集まれば、これまでにない発想による商品・サービスの開発や、生産性を向上させる新しい取り組みがなされ、企業の成長に繋がる可能性があります。

2-3.企業評価の向上

ダイバーシティマネジメントに注力することが職場環境の改善に繋がります。労働者が気持ちよく働ける環境を整えれば、仕事に対するモチベーションが上がり、より良質なサービス・商品が開発できますし、企業の社会的な評価や信用も上がるでしょう。社会的な評価・信用が上がれば、消費者からのイメージアップにも繋がり、サービス・商品の売上アップにも繋がります。

また、ワークライフバランスという言葉が広まってから、ダイバーシティにどれだけ注力しているかに注目して就職・転職先を決める人も増えています。したがって、ダイバーシティマネジメントは優秀な人材を集めるためにも効果的です。

関連記事:ウェルビーイングとは?意味や高めるための取り組みを知ろう!
 

3.ダイバーシティマネジメント導入のデメリット

ダイバーシティマネジメントにはマイナスな面もあります。リスクを理解しておかないと取り返しがつかなくなってしまうかもしれません。それでは、ダイバーシティマネジメントのデメリットについて解説します。

3-1.コミュニケーション問題

ダイバーシティマネジメントは社員の人を思いやる心に頼る面が強く、コミュニケーションによるトラブルを引き起こすリスクがあります。例えば外国人採用では、言葉の壁によって仕事上で必要なコミュニケーションが取れず、日本人社員・外国人社員双方にとってストレスになってしまいます。また、日本人だけ、外国人だけのグループができてしまい、外国人社員が母国語でコミュニケーションを取るようになってしまい、仕事が回らなくなるケースも存在します。それ以外にも時短社員に対する僻みや発達障害を持つ社員への無理解などが原因のトラブルも少なくありません。社員全員からダイバーシティマネジメントへの理解を得られないと、何気ない言葉で相手を傷つけたり、ハラスメントになってしまったりする可能性もあります。したがってダイバーシティマネジメントを実施するには、受け入れる側にしっかり説明を行う、外国人社員を言語の面でフォローできる人材を入れるなどの入念な準備が必要です。

また、テレワークを導入する企業が増えているものの、オフィスと比べてテレワークは意思疎通が難しいとよく言われます。連絡ミスも起こりやすくなることから、定期的に対面でのミーティングを実施するなど対策が必要です。

関連記事:テレワークでの効果的なマネージメント方法

3-2.生産性の低下

多様な人材を雇うことによって、働き方やモチベーションの個人差が広がり、チームとしての方向性がバラバラになってしまうリスクも考えられます。チームの足並みが揃わないと、生産性も落ち、せっかくのダイバーシティマネジメントも無駄になってしまうでしょう。そのため、経営者や採用担当者はダイバーシティを意識しつつも採用する際は社風に合う人材かどうかをよく考えて採用する必要があります。

3-3.人事・評価の不公平感

人それぞれの事情に配慮すると、社員全員に一律の業務を与えることが難しくなってしまいます。それによって、仕事量や質に応じた公正な評価も難しくなってしまうでしょう。時短の人の分の仕事が他の人に回るなど、給与・待遇の違いにより、労働者の中で不満が生まれ、仕事に対するモチベーションが下がるリスクも考えられます。したがって、ダイバーシティマネジメントを実施するにあたっては、就業規則に評価基準をはっきり明記する、これまでの評価基準を見直すなどの対策が必要です。

関連記事:離職率を下げるエンプロイーエクスペリエンスとは?
 

ダイバーシティマネジメントの導入を検討してみよう

時代の変化に伴って様々な人が活躍できる社会が求められるようになり、ダイバーシティマネジメントの導入はどの企業にとっても急務でしょう。ダイバーシティマネジメントを導入すれば、多様な人材がそれぞれの得意なことを活かして活躍でき、企業イノベーションや組織力の強化も期待できます。メリット・デメリット両方を理解したうえでダイバーシティマネジメントに取り組んでください。
 

転職活動中の方は、こちらから

お問い合わせ

採用ご担当者様は、以下をご記入ください。