転職活動において、推薦人は未来の雇用者へあなたのことについて説明をしてくれる重要な役割を担います。次の仕事を確保するチャンスが作れるか、逃してしまうかは推薦人が何を言及するかに左右されますので、誰を推薦人とするのかを厳選し、関係を維持しておき、そしてあなたが応募している仕事について適切に説明することが非常に重要です。下記のヒントを参考に、最適な推薦人候補者を選出しましょう。

推薦人の選択

大切なことは、転職活動であなたを支援してくれる最新で関連性のある推薦人を集めた有力なリストを手元にそろえておくことです。選択すべき推薦人は以下です。

  • この5年以内にあなたが密接に関わり仕事をしていた人物
  • あなたの強みをよく知りあなたを称賛するであろう人物
  • あなたの技能、経験、能力について詳細に証明し、意見を述べてくれる人物

上記のような人は、過去又は現在の上司や、あなたが緊密に仕事をしていた他部署の責任者、外部の顧客や取引先、もしくは同僚などを選ぶことができます。推薦人として提出する前に本人の許可を得ることと、彼らの肩書と連絡先が正確で、最新のものであるよう確認してください。

推薦人への説明

肯定的な発言をしてくれる、説得力のある立場の推薦人に状況を説明し、準備しなくてはなりません。あなたが転職中であり、推薦が必要になった場合は連絡を取ることを伝えてください。いざその時になったら、あなたが応募したポジションについて推薦人に説明をし、誰がいつ連絡をしてくるのかについて詳しく伝えてください。

あなたの経験や特性が、新しい仕事にどのように関わるのかなど自分の考えを共有してもよいです。これによりあなたを最も良く見せるような過去の実績のことについて、推薦人の認識を高めることができます。

推薦人の維持

推薦人と定期的にコンタクトを取り、強力な関係を維持することが重要です。あなたの転職活動についての情報を彼らに提供し続け、結果がどうであれ彼らが推薦人としてつぎ込む時間へ感謝を述べてください。仕事を獲得できた際にはそれを彼らへ伝え、さらに進展について新しい情報を与えるために交流を続けてください。