新卒者にとって、新しいキャリアに向けた最初の一歩を踏み出すことは、胸が躍るようであり、実りの多い経験となりますので、それに向けきちんと備え、集中し、柔軟に対応しましょう。下記では、学業から職場へスムーズに移行するための実践的な幾つかのアドバイスを紹介します。

柔軟に

新卒求人では、多くの応募者が比較的公平な条件のもとで争うことにより、競争は熾烈です。選択肢を広く持ち、様々な職務を検討し、希望給与の条件については、柔軟性を持つことが重要でしょう。2,3年後の目標を考え、そこに到達する上で役立つと思われる職務のリストを作成しましょう。早めのスタートをできるだけ早く、新卒求人のチェックを始めることは重要です。インターネット上の求人欄、新聞、そして自分の持つ人脈などは、就職活動を開始する上で非常に良い情報源となります。求められる能力や給与を含め、応募できる職務についての目安が得られ、大きなチャンスを最初に発見することとなるかもしれません。

万全な準備

競争の激しい求人市場で優位に立つためには、できる限りよく準備することが不可欠です。希望の会社について分析し、新卒採用プログラムについて研究するためには、卒業する前から連絡を取り始める事です。希望の職種や給与のリストを作成しましょう。また、一般的な面接質問に対するリハーサルを始め、腕を磨きましょう。準備をすることで、目の前のチャンスを掴むことができるでしょう。

雇用適性能力を上げる

新卒者が雇用主にアピールする上で、大学の成績が優秀というのは、単に一側面でしかありません。彼らは職務経験、課外活動におけるリーダーシップ、そして鍵となる「ソフト・スキル」つまり、対人関係やコミュニケーションの能力、論理的説明力と問題解決力、加えて愛着、熱意、業界知識も求めるでしょう。地域活動、ボランティア活動、スポーツチーム、あるいは大学の委員会への参加は、学業成績をも凌駕するあなたの実践的能力の証明となります。

人脈を築きましょう

人脈は、理想の職種を探す上で効果的な方法の一つです。家族、友人、指導教員、そして同級生に、あなたが求職している旨を伝えることで、求人情報を知らせてもらえるようになります。雇用主と知り合うためにも、専門家の協会に関わり、各種イベントにも参加しましょう。これらのイベントで築いた人脈は、雇用に結びつくものであり、業界内において、あなたは積極的で、熱意があり、顔の広い若き専門家という評判を築くことができるでしょう。