月曜の朝、目覚ましが鳴って仕事モードに戻らなければならない、あの感じは多くの人が経験します。でも毎日仕事に行きたくないとすれば、問題はもっと深刻です。

自分の仕事が好きな理由は、簡単に忘れてしまいがちです。特に、納期が差し迫っているときや、チームの誰かが分担された役割を果たしていないときは尚更です。しかし、多くの人にとって、なぜ今の仕事を選んだかを思い出すことが、良いスタート地点になるかもしれません。

役割

あなたの仕事の核となる任務が原因で、気持ちが落ち込むとしたら、元々の職務記述書を読み直す必要があるかもしれません。あなたの役割が大きく変化し、当初やりがいを感じていた任務から離れてしまっていますか?または、さらに追加の任務の責任を負えるよう要求する必要があるためですか?仕事中にしばしば飽きてしまうとすれば、新たな任務をいくつか引き受けることで、再びやりがいが感じられるかもしれません。

現在の会社組織とそのあるべき姿がまだ好きなら、あなたがこれまで忘れかけていたかもしれない、やりがいを感じる活動も行えるよう、あなたの役割を再評価する方法について、直属の上司と話し合う価値があります。

表彰と報酬

人は職場で過小評価されていると感じると、仕事に不快感を覚え始める場合が多くあります。同僚が良い成果を挙げて役割を果たしたと感じ、相手を称賛しようとするとき、称賛すればいつか自分も同じ状況になれると気づいて、あなたのモチベーションを上げるきっかけになるかもしれません。

あなたの仕事が必ずしもやりたかった仕事でないとしても、お金は強いモチベーションになり得ます。もし自分が現在の収入以上の価値があると考えるなら、給与調査を利用して相場の基準に対して自分自身を評価し、その結果を上司に提示してください。

企業風土と価値

自分の価値観が会社の価値観と同じではなくなったと感じるなら、あなた自身の役割について熟慮し、自分にとってより楽しめる職場環境にするよう努力してください。組織を変えられないとしても、少なくともあなたのチームや部署に変化を起こすことはできます。あなたが本当に会社との利益相反を抱えているなら、そしてその状況を変える立場にないとしたら、会社に在籍することがストレスと感じるかもしれません。そして、他の選択肢を考える時期なのかもしれません。

職場は社会生活の場ではないものの、職場に友人を持つことは、助けになります。職業上の関係を構築することは有意義です。月に一度、飲み会を企画してみたらどうでしょう。そうすれば、楽しみが一つでき、職場以外で交流することができます。

広い視野

あなたの役割は、大局的に見て事業にどんな影響を与えていますか?自分が何も影響を及ぼしていないと万が一考えるときがあるなら、仕事の結果を測定する方法を探してみると、実際にどのような変化を起こしたかが見えるかもしれません。目標をどの程度達成しているかを評価するため、直属の上司に人事評定を利用して目標について話してみてください。

毎日変わらず仕事に愛着を感じなければいけないわけではありません。誰でも最高のパフォーマンスを達成していると感じないときがあります。もっと広い視野から考えてください。現在のキャリアの道に愛着を持っていることが、たとえ毎日それを感じなくても、重要なのです。

誰もが自分の仕事が好きな理由を思い出せるわけではありません。おそらく愛着がなくなったため、あるいは多くの場合、最初から愛着を持っていなかったためかもしれません。あなた自身のことを言われているように感じたら、一歩先に進むときかもしれません。当社の最新の求人ページを閲覧し、愛着の持てる仕事を探してみてください。

メールマガジン登録
転職やキャリアアップで一歩先に行くための情報を受け取ることができます

アプリをダウンロード

App Storeからダウンロード Google Playで手に入れよう

Advertise Your Role With Us

Advertise Your Role With ReachTalent