You are here

よくある質問

世界求職者信頼度指数とは?

ペイジグループ世界求職者信頼度指数では、転職市場に関してどんな見通しを持っているか、求職者に聞いて調査をします。本指数は、マイケル・ペイジおよびペイジ・パーソネルのウェブサイトで積極的に仕事に応募した人のみに基づいて算出します。調査は、毎四半期世界中で18000以上の調査票を対象としています。

 

どのように算出するのか?

本指数は、基本的に最も楽観な人の割合を示しています。当社は、10指標のそれぞれについて楽観的な人の割合を受け取ります。

例:

あなたのスキル開発について、今後12ヶ月で就業状態はどうなると認識していますか?悪くなる/同じ/ 良くなる /意見無し。

良くなると答えた人が62%の場合、この62%が 指数の平均算出に用いられます。

 

厳密には何を計測しているのか?

主要指数すなわち平均指数は、10指標に基づき算出されます。そのうち6つは就業状態に関するもので、残りの4つは市場の認識に関するものです。

就業状態指標には、以下の改善に関する楽観的な回答が含まれます:

  • スキルアップ
  • 職務内容
  • 昇進
  • 報酬水準
  • ワークライフバランス
  • 転職をするのに3か月以上必要だと求職者が思っているか否か。

 

市場の認識には、以下の4指標が含まれます:

  • 現在の転職市場の状況
  • 将来の転職市場認識
  • 現在の経済状況
  • 将来の経済状況認識

 

このように、指数に含まれる全市場において、能動的に仕事に応募している人の認識および就業状態を調べることができます。