履歴書でやっては
いけないこと

第一印象を与えるチャンスは、
1回きり です...

5~7秒
採用担当者は履歴書を平均5~7秒間しか見ていません

76%
Eメールアドレスが社会人としてふさわしくない場合、履歴書の76% が無視されます

印象に残る履歴書を提出することは、輝かしいキャリアへの第一歩となりますが、中途半端な取り組みをした場合は、失敗へとつながります。

以下のヒントを参考に、採用される履歴書を書きましょう。

タイプミスや文法の誤り

履歴書を作成するときに最もよくある誤りは、スペルミスや文法の誤りです。イギリスのRecruitment and Employment Commission (REC)によると、採用担当者が受け取る全履歴書の 50%は、スペルミスや文法ミスが含まれることが明らかになっています。採用担当者は、多くの求人広告への応募を見るので、いい加減な印象を与えたり、無関心にさせたりするような履歴書を書かないことが重要です。

TIP
応募する前に、あなたの履歴書を必ず誰かに目を通してもらってください。
TIP
最も関連のある経験を述べて、簡潔に書くことを心に留めてください。

多くの枚数を送信

履歴書の最も重要な目的は、採用に向かっての第一歩を踏むことですから、職務に関係のない情報を含むなどして、忙しい採用担当者の時間を無駄にしないようにしましょう。履歴書は簡潔な文書でなければなりません。一般的には、ポジションに関連するスキルや職務経験を含めて、最大2ページ が最善です。面接段階に進みましたら、詳細情報を提供することができます。

不適切なEメールアドレスの使用

書類を提出する場合、10代のときに作成したEメールアドレスを使用しないようにしましょう。Eメールアドレスは採用担当者が最初に目にするものの一つであり、例えばsparklycrazygirl14@email.com はよい第一印象を与えません。その代わりに、転職活動専用の新しい、プロフェッショナルなアカウントを開設してください。

TIP
姓と名を使用して、プロフェッショナルなEメールアドレスを作成してください。
TIP
応募する前に、企業について調べて、できる限り多くの情報を収集してください。

履歴書を各ポジションに合わせて作成していない

これは、転職中に陥りやすいわなですが、どの企業・ポジションにでも使用できるような履歴書を書くと、あなたの書類が忙しい採用担当者の目に留まらない可能性が高くなります。応募するときは、時間をかけて、特定のポジションの要件に合うように履歴書とカバーレターを作成しましょう。

履歴書で陳腐なきまり文句を濫用

頭の中ではもっともらしく聞こえ、事実かもしれませんが、「優れたコミュニケーションスキル」、「ひたむき」、「意欲的」などの表現は、それを裏付ける職場の証拠がない限り、ありきたりで、無意味になります。その代わりに、あなたのスキルと、職場で達成した成果を結び付けます。「人材マネージメントスキル」について中身のない自慢を並べ立て、採用担当者をうんざりさせないでください。

TIP
履歴書でアピールしたいことを、職場の例を使って実証してください。
TIP
応募する前、セカンドオピニオンを受けるため、友人や家族に履歴書を見せてください。

乱雑なデザイン

履歴書の内容が一番重要ですが、乱雑にレイアウトされると、採用担当者は読むのに苦しむでしょう。最も良い結果を出すためには、異なるフォントやサイズを使用することを避け、黒のテキストで、読みやすいプロフェッショナルなフォントを使用しましょう。各欄を区別できるように、十分な空白スペースを空けてください。

重要な情報の省略

履歴書から以前の役割の一部を省いた場合、採用担当者はあなたの職務履歴の空白に疑問を持つことは避けられません。これは予想される最悪のシナリオにつながりかねません。したがって、職歴に空白がある場合は、正当な説明を準備しておいてください。

TIP
失業中に取得した、移転可能なスキルについて考えてみてください。
TIP
履歴書を送付する前に2重、3重にチェックしてください。

個人情報が不正確

電話番号が1桁足りない、Eメールアドレスに誤りがある、あるいは新しい住所に変更するのを忘れている場合、履歴書の他の部分がどんなによくても関係ありません。採用担当者は、面接をお知らせするための連絡をとることすらできないからです。

 

不必要にあいまい

採用担当者が嫌うことが一つあるとすれば、それはよくわからない応募者です。あなたが企業に提供できることについて、見当がつかない文章で、書類に書かないでください。その代わりに企業 、そして自分自身の ニーズに集中し、職務に持ち込もうとしていることを、はっきりと伝えてください。

TIP
とりとめなく話さず、採用担当者に自分が達成したいことを簡潔に紹介してください。

以上でやってはいけない履歴書のミスをお分かりいただいたので、面接へ進み、理想の仕事をつかめるかどうかはあなた次第です。

この記事を気に入りましたか?お友だちと共有してください。