You are here

メンターを持つことの価値

メンター(助言者)との関係の構築はあなたのキャリアを通じて多くの価値をもたらし得ます。メンターのアドバイスと知識はあなたのキャリアのいずれの段階でも役立つことがあります。特にキャリアの初期の段階でとりわけ影響力を持ちます。

仕事上の知り合いと違い、メンターは継続的な指導を提供し、あなたの将来の目標に長期的に投資します。メンターは上級職に就いていることが多く、大抵それぞれの業界においてある程度の影響力を持っており、敬意を払われています。メンターは、あなたがいつの日か自分が目指している職位にあるかもしれないし、あるいはあなたが尊敬する地位にあるか、責務を負っているかもしれません。あなたのメンターが誰であれ、彼らの豊富な経験からは多くを学べ、たくさんの人脈を共有してもらえます。

理想的なメンターは下記のような人です:

  • あなたは彼らが従事している仕事を尊敬し称賛している。
  • あなたに関連する業界あるいはスキルが重複するような業界で働いている。
  • あなたが目指している上級職レベルに就いている。
  • 彼らが属する業界においてエキスパートであり、先進的であると見なされている。
  • (個人的あるいは職業的に)あなたと類似した背景を持っているため、あなたとはお互いに親近感を持つことができる。
  • あなたと気が合う。
  • 今後あなたの成長に熱心に取り組み、進んで知識を伝えようとする。
  • 正直で、建設的なフィードバックと助言をためらわずに提供する。
  • あなたの直属の上司ではない、あるいはあなたの業務を直接監督していない。

メンターシップの仕組みを確立する

メンターシップ(助言)の仕組みは各ペアによって機能が異なります。この仕組みを実行する正確な方法は存在しません。公式な、慎重に組み立てられたメンタリング・プログラムを提供する組織や企業もありますが、それ以外のメンタリングの関係はより非公式に機能することになるでしょう。一般的には、メンターは助言を受ける者に対して多くの恩恵をもたらします。

  • 専門的能力の開発に関するキャリア上の助言および指導。
  • 特定のプロジェクト/キャリア選択に関する建設的な批評およびフィードバック。
  • いかに長所を足場にするか、そしていかに弱点を乗り越えるかに関する提案。
  • 知識を増やし新たなスキルを身に付ける機会。
  • 新たな、異なった考え方との接触。
  • 役立つ連絡先、および組織への紹介。

メンターを見つける

ある仕事のプロに接触し、自分のメンターになってほしいと依頼する前に、メンタリングの関係から自分が何を得たいと考えているかについて慎重に考えてみましょう。メンターとあなたの相互の期待が明らかに一致しているのを確認することも重要です。過剰に多くの時間を割いたり注意を払ったりしてもらおうとして候補者を過度に追わないようにしましょう。むしろ、あなたが目指すもの、そしてあなたがメンター候補者の指導が役に立つと考える理由について率直に話すとよいでしょう。メンター探しの開始時点からの正直な話し合いそして期待の設定を通じて、あなたは相互に同意することができる仕組みとこれに費やされる時間を実現することができます。

いくつかの方法でメンター探しをすることができます。

  • あなたが現在所属する企業には公式な、組み立てられたメンタリング・プログラムが存在するかもしれません。こうしたプログラムについてまだ知らなければ、詳細について人事部門に相談してみましょう。
  • 自力でメンター探しを開始しようとするのであれば、あなたの既存の職業上のネットワークに連絡しましょう。LinkedInなどのビジネス特化型のソーシャルメディアは既存および過去の連絡先の幅広い基盤を探すにあたって役立つリソースになり得ます。
  • あなたの出身校あるいは訓練を受けた養成校に登録します。こうした学校の同窓会プログラムはメンターシップの「縁組み」を助けてくれるかもしれません。
  • 可能な時にはいつでも積極的にあなたの連絡先(有力な知人)に対して職業上の紹介を依頼しましょう。
  • メンターシップへの支援を手助けする特定のウェブサイトおよび自主的プログラムについてオンラインで調査をします。