You are here

ITのスペシャリストがセクターを変える時の5つのヒント

同じ業界(例えば、ITのプロフェッショナルとして)にとどまりつつも、セクターを移りたくなるのはよくあることです(金融から消費財メーカーへの転職を考えるなど)。ですが、全く新しいセクターに踏み込むことは、あなたが想像するよりも厳しく、また長い時間を要します。これから進む道のりのため、あなたのアプローチに磨きをかけ、準備するのに役立つヒントをお教えしましょう。

1.  自分自身に「なぜこれをしたいのか」を問いかける

セクターを移る理由は人によって非常にさまざまです。収入の最大化のために投資銀行分野での雇用機会を求めるITのプロフェッショナルもいれば、慈善事業の役割の中で「社会に何らかのお返しをする」ことを求めている投資銀行職員もいます。人の経歴やモチベーションはそれぞれにユニークで、異なっているため、どの人の信念も他の人より論理的で、高貴で、率直であるということはありません。転職のプロセスは時間がかかり、努力も必要なため、セクターを移ろうとする場合、カギとなるのは、強いコミットメントと情熱を持ち、積極的で、転職に焦点を絞り込んでいることとなります。そして、夢の職を勝ち取るまでの転職の過程で、あなたは数々の利害関係者に対して、自分の動機やビジョンを証明しなければなりません。

2.  自分の売り込みポイントを明確化

多くの応募者は、特にITのプロフェッショナルの場合、自分の仕事はうまくこなすことができるでしょうが、自分自身を売り込むことに関しては、履歴書の中であろうと面接の場面であろうと、得意ではありません。もしあなたが転職を切望しているのなら、あなたの製造業での15年間に及ぶ経験が、あなたが転職を求めるセクターですでに働いている数百の応募者よりも適合性が高いことを採用企業に納得させる方法を見つけなければなりません。これをあなたはどうやって行いますか。別の切り口を見つけなければなりません。

最も明白な切り口は、あなたの専門を通したものです-つまり、これまでに積み上げてきたテクノロジーに関する豊富で価値の高い経験と、あなたが移ろうとしている新しいセクターにおいてテクノロジーを活用できる機会との類似点を見つけることです。ほとんどの市場では高いスキルは供給不足傾向にあるため、ある業界でのしっかりとした経験はやはり尊重されます。テクノロジー業界ではソフトウェア会社は通常すべての顧客の名前を公表していますので、あなたが選んだセクターに対して相互参照しても、無理なこじつけではありません。評判の高い転職支援会社は、それに基づいて、あなたが得意とするソフトウェアを使っている企業にアプローチすることができますし、あなた自身が企業に直接コンタクトを取り、自分自身を紹介することもできます。

3.  自分自身のマーケティング

あまり「ソフトウェアに依存しない」テクノロジーのプロフェッショナルにとっては、セクターを移動するプロセスがさらに厄介なものになる場合があります、それでも切り口を見つけることは可能です。例えば、消費財から小売へなど、セクターの中には移動が比較的簡単なセクターもあります。しかし、そうでないなら、あなたは、雇い主にあなたのことを分かってもらうため、概念的な橋(あなたと雇い主の間を橋渡しするもの)を鮮明に描き出す必要があるでしょう。あなたは自分のキャリアの中でともに働いた業者や顧客、さらにはパートナーなどについて力説することもできますが、これはベンダーや競合他社の内幕を知りたがっているラインマネジャーにとって喉から手の出るほど手に入れたい情報である場合が多いものです。もう一つの策は、あなたの履歴書の最後に、目標とするセクターにいる人物の推薦状を含めることです。切り口を見つけるということは、一言で言って関連性・妥当性です。あなたがこれまでいた場所と、これから行こうとしている場所の関連性をはっきりさせるのです。

4.  支援を求める-それも的確な人からの

もしあなたが幸運に恵まれ、縁があって、セクターを移動することもすぐに実現できます。でも、大部分の人にとって、セクターを移動することは孤独な闘いなのです。ですから、協力者を見つけることは助けになります。成功するには、あなたのネットワークのすべての切り口(コネ)、つまり前の雇い主、友人、同窓生、LinkedInのコンタクト、求人情報サイト、転職エージェントをカバーしなければなりません。協力者は、現場で何が起きているかについての情報を提供し、あなたが追い求めるべき機会を特定することができます。転職エージェントは、あなたと似たバックグラウンドを持つ人物を考慮対象外としたかもしれない雇い主に対し、あなたの履歴書の関連するポイントや卓越したポイントを売り込むことができます。しかし、セクターを移動するというあなたの目標達成に対し本気であなたを支援したいと望んでいる、正しいエージェントとチームを組んでください。埋める必要のあるIT関連求人全てをあなたにぶつけてくるエージェントではだめなのです。識別力を持って、自分の目標に集中してください。

5.  粘り強さ

これは、単なる運ではなく、戦略と忍耐のプロセスです。最高の戦術を使い、ひそかに準備を整えたとしても、自分の望むところに到達するには時間も労力もかかり、拒絶を経験することも、当初の目標を若干変えなければならないこともあります。それでも、根気と忍耐、我慢それにビジョンを正しく組み合わせれば、セクターを移ることは可能です。

IT業界の転職や雇用用件について、お手伝いが必要な場合、今すぐ当社の専門コンサルタントにご相談ください。