You are here

エクゼクティブ・サーチのスペシャリストに気づいてもらう10の方法

気づいてもらい、ヘッドハンドしてもらうための最良の方法は何でしょうか? 次の10のテクニックを考慮してみてください。

1.  成功していること
当たり前に聞こえるかもしれませんが、あなたが成功していればいるだけ、ヘッドハンターからアプローチされる可能性も高まります。最上級の仕事をし、ポジティブな特性を持つ突出した人は見つけるのが簡単なのです。残念ながら、自分自身で成功したと考えるだけでは足りません-同僚、元同僚、競争相手、業界関係者を含め、他の人があなたのことをどう考えているかの方が重要なのです。最高の候補者の紹介を求められた時、あなたを推薦し、あなたの名前を提案してくれる人が多く存在していますか?あなたが気づかれることに真剣であるなら、これがあなたの必要とする評判とコネです。

2.  エキスパートであること
個人と潜在的雇用者が文化的に合っていることは採用決定の際の非常に重要な要素ではありますが、ほとんどの転職コンサルタントは特定のスキルと経験を有する個人を探しています。これは特にIT業界について言えることです。あなたがエクスパートやスペシャリストとして広く認められているなら、気づいてもらえるチャンスは大きくなります。

3.  自分自身を引き立てること
気づかれ、有能な人材として特定される最も効果的な方法の一つは、あなたの分野または業界において活発な対話に参加することです。業界のイベントや会議でスピーチすることや、論文・記述文を発表すること、あるいはメディアで引用されることは、あなたの可視性を高めます。

4. 絶えずネットワーキングを行う
多くの人がネットワーキングについて話しますが、実際にそれを行っている人はあまりいません。あなたの仕事仲間や自分の属する業界全体にわたって効果的にネットワークを構築することは、あなたが気づいてもらうチャンスを高める有力な方法です。有能で、コネの広い同僚と継続して連絡を取り合い、自分の業種の本当のリーダーである人々に自分からつながろうとする努力をしてください。

5.  長期的な投資を行う
ネットワーク活用で最も成功している人は、長期間にわたり絶え間なく自分の業種の人間関係に投資します。この種の行動は、仕事が必要になった時に「突然熱心に」ネットワーキングしようとする人に比べ、はるかに誠実であり、それまでの努力も報われる可能性が高いのです。

6. 私たちに電話しないで、私たちから電話します
本来のエグゼクティブサーチの行動は、ある特定の職務にぴったりの最高の人材を見つけ出し、最も適切な人にその職への転職について考慮するよう説得することを目的としています。ある個人が積極的に仕事を変えようとしているかどうかは関係ありません。通常のパターンは、コンサルタントまたはリサーチャーがあなたに電話をかけます-ですから彼らに連絡を取るのが難しいと感じる原因の一つがこれでお分かりになると思います。エグゼクティブサーチのヘッドハンターは大部分がスペシャリストです。ですから、そのプロの目からあなたに高い適合性があると判断されると、ヘッドハンターはあなたに連絡を取って会うよう取り計らうことになるでしょう。もしあなたが彼らの基準に適合していない場合や、あなたに合った求人依頼を取り扱っていない場合には、仕事が山積みになっているため、あなたに会うことは都合が良くないと丁寧に説明されることもあります。

7.  エグゼクティブ・サーチとリクルートメント・コンサルタントは違うもの
リクルートメント・コンサルタント(あなたのキャリアの初期段階であなたを支援する人間)は、傾向として取り扱う件数が比較的多く、「求人を埋める」ために、候補者のデータベース、広告、ネットワークやLinkedInに依存することが多くなります。このタイプのリクルーターは連絡を取り、関わりを持つことが比較的簡単です。なぜなら、彼らは大規模で多様な人材プールを構築しようと努めており、あなたを自分のデータベースに登録しておいて、ふさわしいポジションが出てくるまで放置していても不都合を感じないからです。一方、エグゼクティブサーチのスペシャリストは連絡を取ることが比較的難しく、彼らのアプローチはより専門化されています。彼らは量より質を求めており、普通、市場をリサーチし、候補者から直接アプローチされるのではなく、候補者には自分から連絡を取ります。ですから、あなたの使命は、こうしたヘッドハンティングのスペシャリストに気づいてもらうことなのです。

8.  自分でサーチ会社を使う
エグゼクティブサーチ会社との関係を構築する最も簡便な方法には、彼らをあなたの求人に利用するというのもあります。最も強力な職業的関係は、両当事者にとって本当に有益な場合に築かれることが多いのです。自分のキャリア開発に有益だと思うサーチ会社を見つけたら、自分の会社が人材を採用しようとする時にその会社に連絡するのです。彼らは必ずあなたの呼びかけに応えます!あなたがすでにその会社に知られている場合には、彼らは将来的な人材探しの際に再びあなたに連絡を取る可能性があります。ただし、専門的なサーチ会社では利益相反や「オフリミット」ルールが厳密に遵守されますので、このアプローチの効果は一部制限されますが、それでもこのコンセプトは、あなたが熱心に長期的関係に投資するなら、有効であることが多いのです。

9. あなたは顧客か候補者か
ほとんどの人にとってこの質問への回答は両方ですが、同時にその立場になることはあまりありません。エグゼクティブサーチのコンサルタントは、顧客として会ったことのある人に職を紹介し、また最初に候補者として会った人が顧客となり、その人のために働くようになることがしばしばあります。有能なリクルーターは、あなた自身のキャリアを支援するとともに、あなたの会社の人材探しでもあなたを支援することができる点を覚えていて損はないと思います。過去にあなたがリクルーターから企業の人材探しのための電話に対応しなかったことがあると、今度はあなたが仕事を探している時に彼らはあなたの電話に対応しないこともありえます。必要な時に気付いてもらうことは、あなたが上席の役職を必死に探さなければならない時ではなく、あらかじめ平常時に、根回しを行い、正しい人との関係を丁寧に構築しておくことに他ならないのです。

10.  LinkedInとソーシャルネットワークの利用
LinkedIn、その他のソーシャル・ネットワーキング・サイト、サーチエンジンなどは、エグゼクティブサーチのプロセスの要素を一部一変させました。従来型の「ブラックブック」アプローチも依然として有効ですが、ほとんどのリサーチャーは長いリストの作成プロセスの一部として豊富なオンラインツールも利用します。その結果、あなたが気づいてもらうことに関して真剣であるなら、あなた自身、非常に有効性の高いLinkedInのプロファイルを完成させる必要があります。

IT業界の転職や雇用用件について、お手伝いが必要な場合、今すぐ当社の専門コンサルタントにご相談ください。