You are here

販売事業計画(SOP)の最適の人材を誘致するには

サプライチェーン・マネージメント(SCM)は単なる分析・運用サポート機能にとどまらず、組織的プロセスや顧客への配達に欠かせないものとしての認識が高まっています。

高度なサプライチェーンは現在、販売事業計画(SOP)も重視しています。ここでは販売予測や、生産性・収益性の一般的な組織目標を製造部門が達成することが目的です。

これは営業、財務、マーケティング、生産など全ての事業分野が協力しなければ実現しません。
 

SOP人材の給与高騰

ほんの5~7年前まで、SOPは人材採用面で一般的にはニッチではありませんでした。現在、業績に対するサプライチェーンの重要性が増し、サプライチェーンの管理や事業目標達成に求められるスキルが変化しています。

最近のSOP人材採用では、供給チェーン効率やサプライチェーン・マネージメントの商業面での実績、そして株主や顧客と協力する能力(これだけの能力を1人の人間に求めることは難しい)を確保するために、消費財(FMCG)および小売部門はデマンドプランナーの分析能力を持つ人材を探しています。

SOPにおける有能な人材の不足は、高等教育レベルの指導と意識の欠如に起因します。サプライチェーンの任務に惹かれる人材は財務またはマーケティングを学んでいるのが一般的で、サプライチェーンの機能を勉強している人は稀です。すなわち、「サプライチェーンの研修を積極的に受けている」というよりも単に「供給チェーンの分野に該当する」人材です。

どのような結末に至っているでしょうか? 企業は適正な人材を採用できず悩んでいます。多くの人材が持っていないような経歴が求められている中、サプライチェーンの給与は高騰しています。
 

SOPのスキル格差に対処

販売事業計画の人材需要が供給をはるかに上回る中、SOPにおいて最高の人材を誘致するために、各企業は2つの分野に重点を絞ることができます。

  • 誘致 -志望者のために、可能な限り大きな市場を調べます。全ての広告チャネルやネットワーキング、現在転職を希望していない候補者への積極的なアプローチを活用し、多面的なアプローチをとるようにします。
  • 評価 - マネージャーの採用には、候補者のスキル全体を確認する時間を設けるべきです。SOPスキルが市場において欠如しているゆえに、 デマンドプランナー育成なども職務に含まれることになりますが、対株主におけるスキルや商業面での意識を確認することが重要です。

SOPの人材難の中、SOP人材採用のスペシャリストは「高給を要求する可能性のある業界経験者に依存するのではなく、様々なセクターや業界に視野を広げる」ことを雇用者に提言しています。

サプライチェーン・購買の転職や雇用要件について、お手伝いが必要な場合、今すぐ当社の専門コンサルタントにご相談ください。