You are here

コスト削減の中で調達職に投資する理由は?

出費削減が優先課題となっている中、購買・調達職への賞与の可否が公共および民間セクターで議論されています。

しかし、調達および供給チェーンのセクターでは、戦略的調達の投資利益率は通常1/10です。すなわち、給与を支払わない場合の年間出費が1億ドルであれば、年間約100,000ドルで調達部長を雇用することで、初年度に1千万ドルの節約が現実的に想定できます。

自治体主導

地方自治体が出費を一律に削減する中、公共セクターの各部署は、調達担当者を通じて何をどうやって買うかについての変革を調査・実施しています。調達担当者の優先事項は前線のサービスや効率を探り、手頃な価格で多くを調達し、全体的な出費を削減することです。

厳格な調達プロセスを可能にする専門能力は社内ではまかなえず、地方自治体は調達評価にコンサルタントや暫定マネージャーを起用するケースが多くなっています。これらの分析は、カテゴリーマネジメントや契約の見直し、サプライヤーとの関係管理の効率化に関する提言や見識につながります。

調達スペシャリストはどのように付加価値をもたらすか

調達業界では現在、次のような構想が浮上しています。

  • 商品やサービスの委託から支払いサイクルの効果的な管理まで、調達プロセス自体を徹底的に末端から末端までリンクし管理
     
  • 規律と業務手順へのコンプライアンスを強化
     
  • 長期間にわたる可能性のある大型契約をはじめ、契約管理を商業面で厳密化する
     
  • 商品・サービスの委託を供給市場の鋭敏な管理と一体化し、最終的に「手頃な価格でより多く」を実現

戦略的購買の利点

数多くの企業が戦略的購買に投資する中で、下記のような中央集中型あるいは共同的な調達方法によって大きな利益を得る企業もあります。

  • 保健機関(在庫補充のような従来業務以外にも専念できる)
     
  • 慈善団体、教育機関、住宅組合(協力することで、これらの団体はより良い購買ができる)
     
  • 小規模の地方自治体(より規模の大きい自治体との提携可能性によって、総出費の恩恵を受けられる)