You are here

海外経験を得ることについて、覚えておきたい7つの秘訣

「仕事」という名のもとに、エキゾチックな場所で新しい文化、習慣、現地のビジネス慣行について学ぶことについて想像してください。

財務・金融部門において海外で働く夢は、多くの人にとって可能性があるため、実際に飛び出す前に、海外経験を得ることの課題とメリット両方を認識することはきっと役に立つでしょう。

7 つの秘訣を心に留めてください。

1.  キャリアを加速させる

海外経験は自国にはない、注目のプロジェクトを経験する場合や、自国よりグローバル組織で大きな責任を任される場合があります。金融のホットスポットが、アジア太平洋地域で急速に出現しており、優れたキャリア展望を提供し、異なる文化のチャレンジとなるため、プロフェッショナルにとって魅力的です。

2.  レジュメを向上する

異国へ移り、海外経験を得て、新しい情況でスキルを活かすことは、あなたの適応性、柔軟性、新しい働き方への対応能力を強調できます―これらはすべて、レジュメで強調する優れたスキルです。新しいビジネス慣行について学び、すべての微妙なコミュニケーションを含む、新しい文化や言語に浸り、強力な国際的人脈を構築するなど、興味深い、やりがいのある機会を得られるでしょう。   

3.  柔軟性を強調する

 大手の多国籍企業で、転勤に前向きであることが、新規採用者に必要なことがよくあります。国際的な転勤の可能性を受け入れない場合、企業において、仕事の機会の門戸を閉じる可能性があります。職務で進んで海外経験を得ようとすることは、職務記述書に定められているか、または面接中に触れられている場合があり、これらの可能性を受け入れることは、柔軟性および職務に対する情熱を示すことになります。

4.  移転可能なスキルを選ぶ

 世界を体験しに行くとしても、海外経験が、自国に戻った時に移転可能であるようにしてください。財務・金融分野でアジア太平洋地域での実務経験は、特定の資格や現地の税制へのコンプライアンスに左右されることがよくあります。同様に、自国の資格は外国で認められない場合がありますので、海外勤務の機会に応募する前に、その国で働くために法的に必要な資格やライセンスを確認してください。

5.  ソフトスキルが重要であることを忘れない

スキルを海外の機会にうまく移転するために、通常、金融プロフェッショナルに期待される技術能力および資格に加え、上位の、平易な英語コミュニケーションスキル、説得し、影響を与える能力、人材管理スキル、さらに公のスピーチおよびプレゼンテーションの能力を示す必要があります。

6.  安定性を示す

財務・金融部門における海外経験はレジュメで優れたセールスポイントですが、短期の任期より妥当な期間、職務に取り組んだことや、あなたは投資価値があり、企業に長期的な価値を付加できることを示すことが有効です。

7.  組み合わせる

最適なレジュメは、海外経験だけに重点を置くのではなく、国内と海外両方の経験を示すことです。 雇用者は、海外経験やキャリアにおける情熱を評価するのと同じくらい、あなたが現地のコンプライアンス、法律およびしきたりを理解していることを知りたいと考えるでしょう。

経理・財務の転職活動や雇用要件について、お手伝いが必要な場合、今すぐ当社の専門コンサルタントにご相談ください。