You are here

企業内弁護士に転向すべきか

キャリアの方向性を転換し、企業で働くことが頭をよぎったことはありませんか。

長い労働時間を短縮し、開業に伴う問題から逃れることのできる魅力的かつ刺激的な機会に聞こえるでしょうか。

以下のヒントについて考え、決断に役立ててください。
 

プラス面

企業で働く場合、商業部門を自発的に巻き込むこと、対外支出の削減に積極的に取り組むこと、リスクを最小限に抑えること、業界のコンプライアンスを達成することが目標になります。

企業で働くと、以下のようなプラスの面があります。

  • 労働時間が規則的になるため、ワークライフバランスが向上し、仕事量が一定になる可能性が高い。
  • タイムシートや請求書が不要。
  • 社内で事業経営に一体的に関わるチャンス。
  • 人事異動で商業部門に異動する可能性がある。

課題

  • 企業内弁護士になると賃金が減る場合が多い。
  • 最近は企業が外部委託を減らし、企業内弁護士に求められることが増えているため、労働時間を減らすどころか、うっかりすれば希望よりも多い仕事量を受けることになってしまう可能性がある。
  • 自治と信頼を得て、すべての仕事を自分でこなすことに慣れている社内のクライアントを味方につけるために奔走しなければならない可能性がある。
  • 小さなチームではキャリアパスが制限され、また企業で働く場合は一般的に給与の伸びが小さくなるため、企業内弁護士として年功、責任、給与の増加を本気で望むならば、会社を頻繁に変わることが必要になるかもしれない。

その他の留意点

企業内弁護士になったら再び開業することは稀であるため、事前に会社について徹底的な調査を行うことが重要です。

企業内弁護士と開業弁護士のキャリアパスは全く異なります。したがって、キャリアのあまりに早い段階で企業内弁護士になった場合、成長の機会と専門的なスキルを広げ、磨くチャンスが制限される可能性があります。

開業弁護士には専門的な役割が求められますが、企業内弁護士は一般的に雇用法、財産法、商法、会社法などあらゆる範囲を網羅する幅広い知識と責任を持たなければならないことに注意してください。

キャリアチェンジによって実際にどのような影響、チャンス、マイナス面、顕著なメリットがあるのか、師と仰ぐ人や経験豊富なプロに相談するのも有意義です。

法務分野での転職や雇用用件について、お手伝いが必要な場合、今すぐ当社の専門コンサルタントにご相談ください。