You are here

世界のトップ企業は人材パイプラインを持っています。貴社は?

急成長の繁忙期に「市場で最高」の人材を企業はどのように確保し、人材の自然減にどのように対処するのでしょうか。
 

最高の人材を得るには

うまくいっていない企業が一流の人材の確保を試みる場合の共通の間違いは、欠員が生じた段階になってむやみに補充しようとする点です。

対照的に、世界のトップ企業は人材パイプラインを活用し、補充のニーズが生じる前の段階で、有能な人材と積極的に接触し誘致します。このコンセプトは、自らのビジネスに加わることができる、モチベーションが高く、同じ志を持った 「ブランドに沿った」人材の流動的なネットワーク構築の取り組みを継続していることを意味します。

これは、十分に資金力のある人事・社内採用チームの組織的な努力によって実現する場合があります。このようなチームは人材の確保に多くの時間を費やします。

また、スペシャリスト専門の人材紹介会社と提携のもとに企業が人材パイプライン戦略を実施している例もあります。
 

人材紹介会社はどのように人材パイプラインを構築するか

人材紹介会社との提携は、ニーズが生じる前の時点で人材とつながっておくための効率的な方法ですが、調査を行ったうえで、その道のスペシャリストを見つけることが重要です。

人材紹介会社を選ぶ際は、一流の人材の誘致実績を持ち、なおかつ長く勤めてくれる人材を紹介できる会社を選ぶべきです。

欲しい人材を見つけたら、採用コンサルタントを第一線に置き、あなたの会社の特徴や文化をその人材に知ってもらえるようにします。

ここまで来たら、次は実際に候補者を面接し、その人物についてオープンかつ率直にフィードバックします。これによって人材紹介会社は概要説明を改善、あなたのビジネスに真に適した市場最高の人材のパイプラインを継続的に提供できます。

欠員に対してパーフェクトな人材を見つけるには時間と費用を要します。そのために誤った決断をしてしまい、市場最高レベルどころか「ダメな部類の中ではマシ」程度の人材を採用してしまうケースが多々あります。欠員の問題が生じる前に人材パイプラインを構築しておきましょう。生産性、雇用、定着、契約と、スタッフ管理のあらゆるレベルにおいて節約ができます。

 

小売の転職や雇用要件について、お手伝いが必要な場合、今すぐ当社の専門コンサルタントにご相談ください。