You are here

営業職の採用時に期待される6つの資質

営業職の募集において強く求められるスキルの傾向とは、どのようなものなのでしょうか。

営業職の募集は多くの場合、営業分野での経験や過去の職歴において実証された成功が有利に働くものですが、雇用者が営業担当者を採用する際に、常に変わらず期待する一連の強力なスキルや資質があります。それは、以下のようなものです。

1.  顧客中心の姿勢

分野に関わらず、徹底した顧客中心の姿勢と顧客ニーズの理解は、ビジネスで成功を収めるために重要な役割を果たします。優秀な営業担当者は純粋に顧客ニーズに耳を傾け、これを尊重し、これに適切に応えて、的を絞った価値ある提案を行い、それを相手に伝えています。営業担当者を面接、採用する際に、情熱と意欲に加えて謙虚さと共感性という特徴を兼ね備えていることが分かれば、強力かつ魅力的な組み合わせだということになります。

2.  関係性の構築

あらゆる人脈と強力かつ生産的な関係を結び、これを維持する能力は、営業職を採用する際に必要不可欠な資質です。優れた関係性管理能力を持っているという明らかな証拠を見たいと雇用者が考える可能性は、極めて高いでしょう。

3.  不屈の精神と粘り強さ

拒絶されてもそれを克服する力と真正面から障害に立ち向かう意思の強さは、重要な個人的特質です。拒絶された後に、楽観的でエネルギーにあふれた見通しを持って「立ち直る」コツが絶対に必要です。

4.  柔軟性と革新性

販売に関しては、一定量の試行錯誤が存在します。営業担当者を採用する人たちは、柔軟なアプローチを持ち、状況に適応し、革新する姿勢を持っている人物を見極めたがるものです。一般的に言って雇用者は、応募者が新たな試みをし、新規の販売ルートを開拓する自信を持っているという証拠を欲しがります。採用マネージャーは、応募者が失敗を恐れておらず、自分についたほこりを払って、成功を手に入れるべく新たなことに挑戦する力があるかどうかを知りたがるのです。

5.  目標主導型であることと現実性

プロのトップ・セールスパーソンは現実的な目標を前もって設定し、結果本位の状況で成功できるようになります。営業担当者を採用する際は、目標に向けて取り組み、それを達成する人物なのだという証拠が、雇用者にとっての重要なポイントとなります。

6.  幅広い認識

最高の営業担当者は、自身のビジネスの背景に対して幅広く積極的な関心を持っているものです。文化や地域に関する十分な知識は、競合他社に対する強い意識、市場全体に対する十分な理解と並んで、大いに役立つことが明らかになっています。情報に通じており、常に一歩先を歩いているプロフェッショナルはたいてい、最高の結果をもたらすものです。

営業の求職あるいは求人のサポートをお求めであれば、今すぐにお問い合わせください。弊社の専門コンサルタントがご対応いたします。