You are here

評価プロセスを活用する10の秘訣

評価が気がかりならば、あなたが評価プロセスから何を得たいのか判断するときです。実績を批判されたりコメントされるのを恐れるのではなく、建設的なフィードバックを集めて医療およびライフサイエンス分野における将来の自分の明確な方向性を定めるチャンスとして評価を活かしてください。

効果的な評価プロセスであれば、あなたの最近の業績、そして何がうまくいって何がうまくいかないとあなたが感じているかについて話し合うチャンスが与えられるはずです。 また、上司と以前合意していた目標を見直して、新たな年間・月間目標を定めるチャンスも与えられるはずです。

評価は、社内でのあなたの立場、抱負、およびこれからの成長に関して正直に話せる双方向の協議であるべきです。

評価時期が近づいたときに念頭におくべき10の秘訣を下記に示します。

  1. あなた自身の目標を事前に定めて、評価プロセスから何を得たいのか明確にする。
     
  2. あなたの業績および成果の例を準備しておく。すべての主張は例を示して裏付ける。
     
  3. あなたが前向きであり上向きであることを示す。前回の評価以降のあなたの行動および業績について簡潔かつ誠実に説明する。
     
  4. 前回の評価内容を検証し、あなたが目標を達成したことを確認する。発生しうる課題にあなたがどのように取り組めるかを考える。
     
  5. 将来のキャリア開発を視野に入れ、あなたがどのようなコースを取れるかについて検証し、情報を集める。
     
  6. 心を開いて批判に耳を傾ける。評価は継続的なプロセスであることを念頭におく。提案内容に同意できなくても前向きに応じる。
     
  7. くつろいで、けんか腰にならず、あなた自身、あなたの貢献、およびあなたの将来に話題を絞るよう努める。
     
  8. 昇進を目指すならば、それを確実に上司へ伝える。
     
  9. 昇給を求めるつもりならば、市場における自分のスキルと経験を必ず調査する。マイケルペイジの給料センターへアクセスして現在の給与相場を確認する。
     
  10. あなたの目標および進捗について協議するために、上司とのさらなるミーティングを予定する。定期的なフォローアップは、自分がうまく軌道に乗っていることを確認するために役に立つ。