You are here

人事のプロフェッショナルは数字に示される価値をどのように示す必要があるか

今は、人事担当者(HR)の履歴書にも、あなたが会社の利益、生産性、商業的目的および戦略構築に対して直接的にどのような影響を及ぼしたかを、具体的な測定基準を用いて明らかにすることが必要です。

対人スキルだけが重要視される「甘い」場所はもはやビジネスにはなく、今や人事も、常に測定され、責任を持たされるビジネスの他の分野と同じ方法でその存在の説明責任を果たす必要のある、ひとつのビジネスユニットとなりました。

ほとんどのHR担当者の履歴書を見てみると、そのセクターのスペシャリストはまだこうした期待を理解する段階にあることが分かりますが、先に歩を進めて自分の価値を金額、比率、数値で伝達できれば、あなたにとって素晴らしい前進と機会が生まれ、あなたは競争相手より優位に立つことができるでしょう。

自分の商業的価値をどう示すか

あなたのHR履歴書に測定基準を使ってください。あなたは自分の貢献度を具体的な数値で裏付けなければなりません。ですから、以下のような質問への答えを考えてみてください。

  • 私は目標を達成したか、またはそれを上回ったか。
  • 私の行動は売上高にどのようなインパクトを与えたか。
  • 新しいプロセスはどの程度支出を削減し、予算の節約につながったか。
  • 通常業務の取り組みであろうと、特別なプロジェクトであろうと関係なく、私の行動によるアウトプットをどのように評価し、測定できるか。
  • 私の仕事は金額ベースでどのくらいの価値があるか。
  • ビジネスは、私の役割から実際どのような利益を得ているか。
  • 私が本当に提供できるものは何か。

人事のベストプラクティスを理解し、それに専念することは依然として価値のあることであり、強く求められることですが、あなたの「営利性」を示すために、あなたの仕事の実際の価値についての具体的証拠、分析、透明性、深い考えをより多くHRの履歴書に付け加えることを考慮してください。
 

人事はどう変化したか

ビジネスは推進力、ペース、測定可能性を変化させてきており、それに伴い、人事の機能の様相も変化しました。

人事は、長い間、ビジネスの活動に対し、サポートおよび総務の役割を果たしてきましたが、ビジネス慣行や経済情勢の変化から、今や人事の果たす役割のハードルが引き上げられています。グローバル化、テクノロジーの進化、大規模な企業買収を通したハイピッチの成長は、企業の全体的な戦略構築の中心にHRを据えることとなりました。

人事チームに対する期待度や要求は企業によって異なりますが、人事の役割は今や企業のパフォーマンスの中核的役割を担うものと認識されています。ですから、あなたのHR履歴書にはそれを反映しなければなりません。

HR履歴書に何を書くべきか?

あなたの最新の履歴書ではあなたの商業的知性を売り込まなければなりません。それには以下のことが含まれます。

  • あなたがどのように予算を節約し、支出を最小化し、生産性を上げ、待ち時間を短縮し、その他の商業的目的を達成したかなど、あなたのこれまでの功績や活動を数量化できる具合的な測定指標による数字を示すこと
  • あなたの経験を会社の全体的パフォーマンスとゴールの観点から示すこと。そうすれば、あなたのHR活動が会社全体にどう適合したかや、戦略構築の中でどのような役割を果たしたか、または業績にどんなインパクトを本当に与えたかなどが分かりやすくなります。
  • あなたの最新の役割だけでなく、これまでのキャリア全体での経験を提示し、あなた(またはあなたのチーム)が企業収益に真のインパクトを与えた実際のシナリオについて話す能力と、自信を一緒に示すこと
  • あなたが現在の役割で生み出している結果を記録にまとめること。これは、あなたが新しい仕事に変わろうと考える時に、キャリアの古い記憶まで遡るのではなく、それが起きている時点で記録し、評価することの方が簡単だからです。

人事関連の転職や雇用要件について、お手伝いが必要な場合、今すぐ当社の専門コンサルタントにご相談ください。