You are here

次のマーケティング職の採用には本当に業界経験が必要か

雇用者は金融サービス、電気通信、専門サービス、小売、日用品業界など特定分野の経験を持つマーケティングの候補者に絞って採用を行うことが少なくありません。しかし、それにはどのような代償が伴うのでしょうか。

同じ業界の経験を持つマーケティング専門家を選んだ場合、新しい仕事をスタートしたときにすぐにそれに取り組むことができる可能性が高いのは確かです。

しかし、断固として業界経験を持つ志望者しか採用しなければ、雇用者は前向きな新しい形でマーケティングチームおよび戦略を成長させ、鼓舞し、進化させ、指揮する素晴らしい機会を失う可能性があります。

業界内の人材を雇用するメリット

特定の業界経験を持つ優れた志望者には、以下が期待できます。

  • 新しい仕事を始めてすぐに価値をもたらし、上手くいけばマーケティング活動に対するROIが達成できる。
  • 対象とするクライアント・顧客グループを理解している。
  • 業界の競争と課題をしっかりと把握している。
  • その分野ですでに目覚ましい成果を上げている場合、雇用者にそれを再現できるという確信を抱かせる。

実際には多くの優秀な志望者がひとつのマーケティング職を奪い合うため、雇用者は豊富な人材から希望にまさにぴったりなスキルと経験を兼ね備えた志望者を選べる贅沢な立場にあります。

リスクを冒さない場合の問題点

特定の業界経験を持つ志望者のみを採用することによって、組織は以下のようになる可能性があります。

  • 創造力が阻害され、チーム内の新しい転換可能なスキルの範囲が狭まる。
  • 「部外者」に対する理不尽な恐れにより、意欲的で経験豊かな貴重な人材を逃す。
  • 分野を越えた洞察と経験から導かれる革新や新しいアイデアを得る貴重な機会を逃す。

新しい役割にシフトし、多様な経験を積むことができないことに不満を感じるマーケティング志望者がマーケティング職を完全に離れ、膨大な可能性と経験を持つマーケティングの人材が流出する可能性があります。

業界の外に目を向ける理由

様々な分野で経験を持つ志望者は、大いに必要とされる創造力の向上をもたらし、マーケティング戦略に新たな視点を与えることがよくあります。

また、自分のやり方に固執するのではなく、適応性と柔軟性があり、事業ニーズに合わせて雇用者に教育され、方向付けされることにも前向きな可能性があります。

困難で不透明な経済環境で生き残るには、企業は既知のことにこだわるのではなく、革新し、成長し、適応しなければなりません。有能なマーケティング専門家のスキルを活用し、真の発展を促すために、先進的な雇用者はより柔軟になっていくはずです。業界経験に対する偏狭な見方を和らげれば、企業は業界外の人材がまさに救済手段であり、必要としている新たな洞察を湧き起こす存在であることに気づくでしょう。

マーケティング分野での転職活動のサポートが必要な場合は、今すぐご連絡ください。専門コンサルタントがご対応いたします。