You are here

エンジニアリング分野で自分を売り込む6つの方法

あなたは自分をうまく売り込んでいますか?上位の求職者は常に、エンジニアリング分野で需要がありますが、雇用市場で生じるあらゆる役割について、競争があります。適切な技術スキルと職務経験をもっていることは必ずしも、仕事を獲得するのに十分ではありません。目にとまるために、内的に営業要素を見つけることが必要です。

自分を売り込むことは、対象の相手(見込みのある雇用者)のニーズを明確にし、その欲しいものリストに合うように、個人ブランドを位置づけることです。最適な求職者は、潜在的な雇用者が直面する課題やニーズに対し、完璧に近いソリューションを提供する必要があります。

効果的に自分を売り込み、次のエンジニアリングまたは製造の仕事を獲得するための 6つの方法を以下にご紹介します。

1. 相手を理解する

対象の相手―潜在的な新しい雇用者―を知るよう、努めてください。彼らが自分を売り込む相手である場合、市場調査を行い、彼らが求めているものを理解する必要があります。関心のある組織について、できる限り調査を行い、彼らが高く評価する求職者のスキル、知識およびタイプを確立するように してください。できれば、会社の内部事情を知るために、現在またはかつての従業員と話してください。面接段階に進んでいる場合、彼らの独自または最近の事業活動に合わせて答えられる(および質問できる)ように、会社について十分に調査してください。多くの組織は現在、さまざまな形式で、オンラインで情報を発信していますので、情報は簡単にアクセスできるはずです。

2.スキルを磨く

キャリアの進歩を阻む知識のギャップを明確にするために、定期的にスキルを再評価してください。経験が不足していると感じるエリアでトレーニングを積むことを検討してください。最近、不採用になったことはありますか?レジュメや面接のパフォーマンスでインパクトが不足している点に取り組むために、企業または面接担当者からフィードバックを丁重に求めてください。

3. ユニークなセールスポイントを明確にする

エンジニアリングおよび製造部門で、あなたのユニークな点は何ですか?おそらく、レジュメに多くのよい点があると思いますが、通常、競争相手を抜きんでて、自分を売り込む際に使用できる特別なポイントが 1つか 2つあります。これは、過去の仕事を具体的にまとめ、学問的なトレーニングや実地経験、あるいはあなたを、誠実で、創造性のある、仕事でパフォーマンスを高めるような、役に立つ生活スキルのある人に位置づける、関連する興味深い個人的関心を組み合わせたものになるかもしれません。興味深い強みをもつ、強力で魅力的な求職者となる要素を特定したら、応募用紙および雇用者との面接で、このユニークなセールスポイントを売り込んでください。

4. ソフトスキルを売り込むことを忘れない

エンジニアリングおよび製造の仕事について、多くの求職者は、技術の知があれば、最適な役割を得られると考えています。しかし、自分を売り込むには、技術的な知識やその分野の経験を示す以上のことが重要です―それは、優れたコミュニケーションスキル、リーダーシップの可能性および水平思考といった、優秀な「ソフトスキル」をもつオールラウンドプレーヤーであることを示すことが重要です。

5.最新情報を入手する

エンジニアリングおよび製造業における興味深い進歩や展開について読み、学び続けてください。強力な業界知識を有し、現在の動向を意識することは常に、高く評価されます。エンジニアリングおよび製造市場に関する興味深い、幅広い見解を形成するために、業界誌、影響力のあるブログおよびウェブサイトをお読みください。

6. ネットワークづくりをする

幅広い人脈の計り知れない価値を忘れないでください。現在、ウェブを使用し、エンジニアリングおよび製造分野のさまざまな人々とつながり、関係を簡単に維持することができます。人脈を活かして定期的に連絡をとり、担当する新しい職務やプロジェクトについて、最新情報を提供してください。できる限り、人と直接会い、リアルタイムで関係を構築できる業界イベントに参加してください―これは、自分を売り込む基本的で、最も効果的なツールの1つです。

エンジニアリングおよび製造業の転職活動や雇用要件について、お手伝いが必要な場合、今すぐ当社の専門コンサルタントにご相談ください。