You are here

エンジニアリング分野で「ソフトスキル」が非常に重要である理由とは?

強力なコミュニケーションスキル、平易な英語を話す能力、利害関係者との建設的な関係の構築、およびインスピレーションを与えるリーダー的特性を示すこと-いわゆる「ソフトスキル」-は、エンジニアリングおよび製造のプロフェッショナルにますます必要になっています。

技術能力や業界経験だけが重要だと考えていましたか?今こそ、キャリアの優先順位や価値を転換する時です。なぜなら、コミュニケーションスキルなどのソフトスキルは、現在の熾烈な競争の雇用市場で需要が高まっているからです。

ソフトスキルは、専門的な資格や仕事経験の外側にある、すべての個人的な特質です。これらは、他者と交流し、リードし、コミュニケーションをとる方法を示し、成功するキャリアに不可欠な基礎となります。

以前の役割のシナリオを活用し、仕事でソフトスキルを発揮するために、次の面接で使用できる4つのアイデアをご紹介します。

1. 優れたコミュニケーションスキル
強力なコミュニケーションスキルは、エンジニアリングおよび製造分野で必要です。技術分野ではない、つまり「素人」の相手に技術情報を説明する必要があることがよくあるからです。技術的な知識は重要ですが、それを経験のない相手に正確に伝える能力は今日、同じくらい重要なのです。

2. 強力なリーダーシップ
本当のキャリア発展のために、エンジニアリングおよび製造部門の個人は通常、マネジメントの可能性を示す必要があります。これは、チーム、個人、プロジェクトまたは組織全体を管理することを含む場合があります。本当にインスピレーションを与え、自信を与える能力は、優れたリーダーシップの中心になります。生まれつきリーダーシップ能力を備えた人がいますが、優れたマネジメントスキルは、適切なトレーニングと開発で磨かれます。

3. 水平思考
具体的な仕事が何であれ、水平思考および問題解決スキルは常に有益になります。組織は常に、危機のときに冷静沈着で、複雑なビジネスの問題に対し、革新的かつ創造的な解決法を見つけられる人を高く評価するでしょう。

4. 影響を与えるスキル
ビジネスの全レベルで人と交渉し、生産的な関係を築き、説得力をもってアイデアや意見を発表する能力は、重要な特質です。自信のあるインフルエンサーおよび意思決定者は常に需要があります。

ソフトスキルについては、見込みのある雇用者にとっていかに重要であるかを過小評価しないでください。強力なレジュメ、業績および技術的な専門知識があれば、面接段階まで進めることができますが、必ずしも仕事が得られるとは限りません。

面接では、雇用者はコミュニケーションスキルなど、ソフトスキルの強力かつ明確な証拠を求めています。実際の面接のパフォーマンスによって、それがわかることもありますが、職務で実際に利用しているソフトスキルの例を説明するよう、求められることもあります。強力なソフトスキルを示し、どのようにビジネス業績や利害関係者の関係によい影響を与えたかを実証する、いくつかのシナリオの概要を説明してください。たとえば、困難な期間にチームを効果的にリードする、あるいはビジネスで進行中の「泣きどころ」を解決する新しいプロセスを実行しましたか?

組織で昇進することや、新しいエンジニアリングおよび製造の仕事に転職することを検討している場合常に、技術能力と、群を抜くためにリーダーシップの特性やコミュニケーションスキルといった、ソフトスキルをうまく組み合わせることを忘れないでください。

エンジニアリングおよび製造業の転職活動や雇用要件について、お手伝いが必要な場合、今すぐ当社の専門コンサルタントにご相談ください。