You are here

面接で好印象を与えるためのヒント

面接は、将来勤務するかもしれない会社に対し、あなたこそが最も有力な志望者であることを印象付ける機会です。どんなに履歴書が魅力的であろうとも、直接会った時のあなたの印象が採用の一番の決め手になります。これから挙げるヒントを参考にし、好印象を残すことができるように努めましょう。

面接に向かうための準備をする

時間厳守は、仕事に対してのあなたのプロ意識と熱意を強く示すものです。面接の開始時間や場所を確かめるほか、道順や利用する電車の路線を確認し、10分前には到着するようにしましょう。必要な書類を用意し、緊急の場合に備えて会社の電話番号、面接官の名前を控えておきましょう。

適切な服装をする

職務に対するあなたの真剣度や将来的に会社の一員となるのにふさわしいかどうか、外見によってうかがい知ることができます。適切な服装を心がけましょう。清潔感やプロ意識が伝わるほか、比較的控えめな服装が良いでしょう。きれいな靴下を履くなど細かい点にも気を配り、宝石類などは控えめにしてください。

冷静さを保つ

できるだけ落ち着きを保つことが大切です。非常に経験豊かなビジネスマンでさえ、面接では緊張するものです。冷静さを保つには準備を怠らないことが必要です。あなたも面接官も、面接を成功裏に終わらせることを望んでいることを忘れないでください。

自信を持って挨拶する

第一印象が大切です。日本人面接官との面接や日本語での面接では、十分にお辞儀をし、促されるまで着席しないようにしましょう。外国人面接官との英語での面接の際には、立ったままで笑みを浮かべながら相手の目を見て固い握手を交わしましょう。

発言の仕方に注意する

積極性を示す身振りは非常に重要です。声の調子、相手の目を見ること、椅子の座り方に気を付けましょう。熱意、ひたむきさ、プロ意識が相手に伝わるようにします。自信を持って話しましょう。あなたの意欲と態度は仕事のスキルや経験と同じくらい重要であることを忘れないでください。

最後の印象を良くする

握手またはお辞儀をし、しっかりとお礼を述べて面接を終えましょう。簡潔で親しみのあるメールを面接官に送ってお礼の意思を伝えれば、好印象を残すことができます。メールの中で職務への熱意を改めて伝えることが、仕事の獲得を決定付けるかもしれません。